EXE evo1を価格表に追加しました。

2019.03.19 Tuesday

0

    こんばんは!
    カービューティープロ 向井のムカイです!

     

     

    東京は明日が桜の開花予想日ということで今日もかなり暖かかったので本当に明日開花宣言出そうですね。

     

    まあ開花宣言と言っても5、6輪咲いていたらということなので、

    実際には来週くらいが見頃でしょうね。

     

    そんな中、当店では一足早く開花宣言!?ではないですが、

    EXE evo1の正式メニュー宣言をさせていただきます!(笑)

     

    当店のデモカー2台でも現在テスト中ですが非常に良い感触です!

     

     

    今、花粉の季節真っ只中ですが、花粉に全く侵されないというわけではないですが、

    洗車した時に花粉の成分は落としやすい感じです。

     

    きちんと花粉を洗い流してあげればその後太陽の熱がある程度かかれば花粉のシミも消えてくれるので、

    デモカーは2台とも花粉シミはほとんどあrちません。

     

    その”花粉の成分をしっかりと洗い流してあげる”というのが重要なポイントで、

    洗車しても花粉は結構ベトっとしていて意外と落ちづらいですよね。

     

    EXE evo1に関してはだいぶ落としやすいです。

     

    もちろん花粉に限らず塗装に害のある成分が長時間塗装に乗っていれば、

    それは塗装に影響は出ますが、その成分が落としやすいということは、

    きちんと手入れをしてあげれば塗装を守ってくれるわけです。

    (どのコーティング剤もきちんと手入れをしてあげなければ本来の性能を発揮できません。)

     

    このボディに害のある成分がつきづらい、落としやすいという点で、

    EXE evo1は今までのコーティングと比べても性能が高いです。

     

    実際に水分を拭き取る際の滑らかさも違いがわかるくらい滑らかです。

     

     

    というわけで本来は1年くらいテストしたいところですが、

    ぜひ使ってみたい!という方もいるかと思うので、

    正式メニューに加えたいと思います。

     

    ただ、まだ本部の方でも正式なパンフレットやホームページも出来ていないので、

    とりあえず価格表の方に加える形で作成しました。

     

     

    以下、カービューティープロ向井の価格表からです。

     

     

     

     

     

     

     

     

    ブログでも何回か書いていますが、EXE evo1は今までのコーティングの1層式と違って2層式なので、

    コーティングをかける作業が今までの2倍以上の時間を要します。

     

     

    それゆえに価格は通常のコーティングより高いものにはなりますが、

    その代わりにボンネットとルーフ(セダンの場合はルーフとトランク)のみEXE evo1を使用するコースも作ったので、

    そちらであれば比較的手を出しやすいかと思います。

     

    逆に言えば一番傷みやすいボンネット、ルーフ、トランクの水平面をEXE evo1でカバーしてあげれば、

    今までよりだいぶ手入れしやすくなると思います。

     

    もちろん余裕があれば全体にかければより効果が高いです。

     

    全体に施工の場合はお時間を今までのコーティング剤の日程にプラス1日お時間いただきます。

     

    それだけ手間と時間がかかりますがその分の効果があると思いますので、

    ぜひ平成最後のコーティング剤(笑)EXE evo1をお試しください。

     

     

    IMGP4781.JPG

     



    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

    ガラスコーティング、カーフィルム、ラッピングのことなら
    東京都 小平市にあるカービューティープロ 向井におまかせ下さい!

    その他、ルームクリーニング、ホイールコーティング、
    ガラスの撥水加工、エンジンルームクリーニング、ラッピング等
    どうぞご相談下さい!

    TwitterFacebookもやっています!

    カービューティープロ 向井
    http://cbp-mukai.com/
    〒187-0032 東京都 小平市 小川町 2-1280 ヴェルデ小川
    TEL/FAX.042-332-1976

    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


    ブログを読んでイイネと思った方は↓クリックしていただけるとありがたいです。

    自動車 ブログランキングへ

     

    JUGEMテーマ:車/バイク

    プジョー2008にガラスコーティング施工

    2019.03.18 Monday

    0

      こんばんは!
      カービューティープロ 向井のムカイです!

       

       

      東京もいよいよ桜の開花予定日が出て春らしくなってきました。

       

      昨日次男と立川まで自転車で行きましたがようやく手袋をしなくても全然大丈夫なくらいの気温になりましたね。

      さすがに上着なしではちょっと寒いですが、、、

       

       

      しかし季節の変わり目は天気も不安定!?

      土曜日にちょっとだけ雨が降ったので2号機のボンネットもヒョウ柄&ヒョウストライプ!?

       

      いっそザーっと降ってくれればもっと花粉も流れてくれるのですが、、、(汗)

      この状態を放置すると花粉に侵されてしまうので定休日でしたが長男も次男も午前中はサッカーだったので、

      お店にきて2号機を洗車しました。

       

       

      花粉に関しては早めに洗車して洗い流してあげるしかないので、

      皆さんも暖かくなってきたのでぜひ洗車がんばりましょう!?

       

       

       

      キレイになって気分スッキリ!?

      でも午後は雨がぱらつく予報でしたが、どうやら降らなかったようです!?

       

      でも立川の方はちょっと雨がぱらついていたので小平はギリギリ降らなかったのかな?

       

      そしてせっかくキレイにしたけど日曜日は道も駐車場も混むので

      自転車で30分以上かけて立川に行きましたけど。(笑)

       

       

       

      さて今日の1曲はこの曲もすっかり忘れてしまっていたのでまたギターで練習しました。

      今は動画で弾き方解説している方がだいたいいるので本当に便利です。

      (昔は友達に教わりました。)

       

       

       

      今日ご紹介するのはプジョーの2008です。

      IMGP5573.JPG

      今日本ではこういうコンパクトSUVが人気ですよね。

       

      その中でも日本の駐車場事情、道路事情にはこれくらいのサイズがちょうど良さそうなサイズですね。

       

      今回は一応新車ではなく2018年の12月登録の新古車とのことでしたが、

      色がシルバーなのでおそらく状態はそんなに悪くないだろうなと思っていました。

       

       

      入庫時にざっと見た感じ塗装の方は全然キレイな感じでしたが、、、

       

      IMGP5574.JPGリヤディフューザーに何やら青い線が、、、

       

       

      フランス的なデザインなのかな?と一瞬思っちゃいましたが、、、

       

      単なる保護フィルムの剥がし忘れでした。(笑)

       

       

      しかしこれが悲劇の幕開け!?ではないですが、だんだんと雲行きが怪しくなってきました、、、

      (いや、お天気は快晴でしたけど、、、)

       

      実は入庫前のお問い合わせのメールの中でもプジョーは登録が新しくても製造は結構前だったりする場合があるので、

      もしかすると状態がよくない場合がありますという話をしていました。

       

      特に今回は新古車とのことでしたが、12月登録でシルバーなので、

      私の心配しすぎかな?とも思っていました。

       

       

      ところが、、、

      IMGP5576.JPG

      まあ正直今まで保護フィルム貼りっぱなしという車は入庫したことがなかったですが、

      これを見る限りなんだか結構時間が経っていそうな雰囲気、、、(汗)

       

       

       

      IMGP5575.JPG

      実際にこちらで保護フィルムは剥がしたのですが、

      結構劣化していてすぐにちぎれて、なかなか剥がしづらい、、、(汗)

       

       

      まあ今までに剥がしたことはないのでこんなものかな?と思いながらも、

      だんだんと嫌な予感が、、、

       

      IMGP5578.JPGちなみにフロントも同様にバンパーの下がアルミ調になっていますが

      こちらは保護フィルムは剥がしてありました。

       

       

      が!

      IMGP5593.JPG

      やはり剥がしてちぎれた残骸が、、、

       

       

       

      IMGP5594.JPG奥の方は結構ガッツリと残骸が残っていました。

       

       

      そして更に、、、

       

      IMGP5596.JPGうーん、、、なんでしょう?

       

      白い跡が、、、

       

      これはリヤも似たような感じに一部白色化していましたが、

      おそらく保護フィルムの糊と何かが反応してこんな風に白くなってしまったのでしょう。

       

      シリコンオフ等ではとれなかったのですが磨いたら取れたのでよかったですが、、、

       

      そんなこんなでボディに移る前に結構時間を使ってしまいました。

       

       

       

       

      こうなるとだんだん私の中でプジョーあるあるとして思い出すのが

      以前もプジョーで登録は最近だけど1年以上在庫されていた車両がありました。

       

      新車とはいえ1年以上在庫されていると室内のキレイなところであればいいですが、

      この状態を見る限りそんな感じがしなくなってきました、、、

       

       

      それが

      IMGP5590.JPGフロントグリルのホコリや、、、

       

       

      IMGP5581.JPG

      ヘッドライトの下にもホコリが、、、

       

       

       

      IMGP5588.JPGこちらも隙間から汚れが出てきているようにも見えます、、、

       

       

      IMGP5587.jpg

      そして樹脂周りも全部汚れが蓄積しています。

       

       

      うーん、、、乾燥しているとはいえここまで汚れが蓄積しますかねぇ、、、

       

       

      IMGP5583.jpgホイールの裏側もダストというよりサビのような、、、(汗)

       

       

      そしてオーナー様にも事前にお伝えしたのですが、

      タイヤの製造年週を見るといつ頃製造された車かの参考になると。

       

      なんだかだんだん雲行きが怪しいので見てみると、、、

       

      IMGP5630.JPG

      0417と書いているところですね。

       

      つまり2017年の4週目。

       

      ざっと2年前ですね、、、(汗)

       

      私の経験上、新車の場合だいたい製造から半年以内のタイヤが装着されていることが多いので、

      タイヤは2年前でも車が出来たのは1年半前くらい?

       

      そこから日本に輸入されてきたとして、、、

       

      うーん、、、でもやはり1年くらい前には日本に来ていた車両かもしれませんね。

       

      もちろんその後未登録なので、車検証を見ても2018年の12月登録にはなっています。

       

      でも結構プジョーはこういうパターンは多いのかもしれないですね。

       

       

      というわけでシルバー部分はぱっと見た感じあまり問題ない感じもしましたが、

      IMGP5599.JPG

      ドアミラーは黒なのでよく見るとモヤモヤしているし変なシミもあります。

       

       

       

       

       

      IMGP5603.JPG

      そしてルーフサイドというかサイドの窓の上も同様に黒なんですが、

      ここもやはりよく見ると全体的にうっすらとウロコのようなシミになっているような、、、(汗)

       

       

      そうなんです、シルバーの部分はそうなっていないということでもなく、

      単純に見えづらいだけで全体的に色々と付着している感じ?

       

      磨いたバフがちょっと茶色っぽくなっていました。

       

       

      はい、シルバーなので正直余裕があったつもりが色々と想定外でだんだんと時間が削られていきます。

       

       

      そして最後はこちらもEXE evo1キャンペーンでルーフとボンネットはEXE evo1を使用しました。

      IMGP5609.JPG

      塗った跡は曇ってマットシルバーに!?

       

       

      IMGP5614.JPG仕上がるとツヤツヤになりました!

       

       

      IMGP5621.JPG

      ルーフは幸い?半分以上がサンルーフだったので面積は小さいです。

       

       

       

       

      IMGP5619.JPG

      そして黒い部分も

       

       

      IMGP5620.JPG

      施工後はモヤっとがスッキリしました。

       

       

       

       

      IMGP5641.JPG

      あとはやはりホコリもキレイに取り除くと

       

       

      IMGP5643.JPGだいぶ新車っぽくなります。

       

       

      IMGP5644.JPG

       

       

       

      IMGP5647.JPG

      謎の白いシミも消えて

       

       

       

      IMGP5659.JPG

      どうでしょう?

      新車っぽくなりましたかね?

       

       

      IMGP5636.JPG

      だいぶコントラストが増してツヤ感もあがったかと思います。

       

       

       

      IMGP5613.JPG

      というわけで色々ありましたが完成です!

       

       

       

      この度は当店をご利用いただき、誠にありがとうございました。

       

       



      ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

      ガラスコーティング、カーフィルム、ラッピングのことなら
      東京都 小平市にあるカービューティープロ 向井におまかせ下さい!

      その他、ルームクリーニング、ホイールコーティング、
      ガラスの撥水加工、エンジンルームクリーニング、ラッピング等
      どうぞご相談下さい!

      TwitterFacebookもやっています!

      カービューティープロ 向井
      http://cbp-mukai.com/
      〒187-0032 東京都 小平市 小川町 2-1280 ヴェルデ小川
      TEL/FAX.042-332-1976

      ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


      ブログを読んでイイネと思った方は↓クリックしていただけるとありがたいです。

      自動車 ブログランキングへ

       

      JUGEMテーマ:車/バイク

      ポルシェ911(997)カレラSにガラスコーティング施工

      2019.03.16 Saturday

      0

        こんばんは!
        カービューティープロ 向井のムカイです!

         

         

        今年で平成も終わりということで”平成最後の”というキャッチコピーがあちこちで使われていますね。

         

        昭和生まれの私としては”平成”と聞くとまだまだ最近の感覚で、

        ”平成生まれ”=”若者”なわけですが平成ももう31年ですもんね、、、

         

        私の中学校の卒業アルバムに小渕さんが”平成”という文字を持っている写真が載っていますが、

        そう言われるともうその頃から”平成”だったわけですが、

        長かったような短かかったような、、、

         

        もちろん昭和も63年もあったので、その間に戦争があったり色々と大きな変化もあったわけですが、

        平成はやっぱりインターネットの普及というのが一番大きかったのではないでしょうか?

         

        これだけの情報が一瞬で世界に広まるわけですから、

        まさにこの”ブログ”もインターネットがなければ生まれなかったものですしね。

         

        これによって仕事のスピードも内容も大きく変わってユーチューバーなんて職業までできて、

        将来なりたいものが、私の子供の頃はだいたい”警察官”なんて書く子が多かったですが、

        (単純にパトカーに乗ってみたいだけなんですけどね、、、)

        今はユーチューバーって書く子が結構いるんじゃないですかね?

         

        まだ次の元号はわかりませんが、次はどんな時代になるのでしょうか、、、

         

        うちのお店ではあまり”平成最後の”は関係ないですが、

        ”平成最後のガラスコーティング EXE evo1”はどうでしょう?(笑)

         

        なんだかおおげさに聞こえますが、20年後くらいに、

        ”ああ、そういえば平成最後のコーティング剤がEXE evo1だったんだっけ、、、”

        なんて思う日が来るのかもしれないですね。(笑)

         

        その頃は”ガラスコーティング”ではない何かになっている気もしますけど。(笑)

         

         

         

        今日の1曲はそんな平成元年頃にヒットしていた曲の中からこの曲で。

         

         

         

         

         

        今日ご紹介するのはポルシェ911カレラSです。

        IMGP5464.JPG2013年式ということで新車で購入して約6年ほど経過していますが、

        普段は屋根付き駐車場で雨も陽も当たらないということで、

        基本的に雨の日も乗らないそうなのでブラックですが非常に状態は良いです。

         

         

        6年落ちのブラックなので屋根付きとはいえそれなりに傷んでいるのでは?と思っていましたが、

        比較的状態が良かったのでスタンダードコースでの施工となりました。

         

         

        普段砂埃などもあまりかぶらないのでしょう、ドアヒンジなども全然キレイでした。

         

        IMGP5469.JPGしかしやっぱり黒なのでちょっとした傷でも見えてしまいます。

         

        これはおそらくボンネットを開けたり閉める際についた傷ですかね。

         

         

        IMGP5473.JPG全体的にキレイではありますが、全体的に洗車傷もあります。

         

         

         

        IMGP5477.JPG

        運転席ドア付近も擦り傷が、、、

         

        あとよく見ると磨き傷らしき傷も、、、

         

         

         

        IMGP5479.JPG

        これも拭き傷の他にもやっと磨き傷もあります、、、

         

         

        でも新車時にディーラーさんでコーティングして今までに他で磨いたことはないとのことでしたので、

        もしかして再塗装?と思ったのですが、納車時に確認したら再塗装もしていないそうです。

         

        そうなると新車時に磨かないでコーティングしたか、

        もしくはその時に磨き傷がついたか、、、

         

        でも磨き傷があったのはここだけだったのでおそらく最初にコーティングした時に磨いた磨き傷ではなさそう、、、

         

        まあいずれにしろまとめてキレイにしましょう!

         

         

        IMGP5490.JPG

        室内でもう一度傷の確認。

         

        ここは多少深めの傷もありました。

         

         

         

         

        IMGP5486.JPG

        他は比較的浅い傷がほとんどです。

         

         

         

         

        IMGP5492.JPG

        6年でこれだけであれば十分キレイですよね。

         

         

         

        IMGP5493.JPG

        色がシルバー等だったらこのくらいの傷はほとんど見えないかもしれません。

         

         

         

        IMGP5509.JPGしかし黒なのでよく見ると傷も見えるので逆に言うとまだまだキレイになるということですね。

         

         

         

         

         

        IMGP5502.JPG

        光を当てるとモヤっと見えるのが磨き傷の特徴です。

         

        ただ、一般の方にはあまり見えないかも、、、

         

        もちろん磨けば厳密には全部磨き傷がつくわけですが、

        なるべく人の目で認識できるレベルの磨き傷が残らないように磨くのが美しさに繋がるわけです。

         

        そして平な面は比較的磨き傷が残りづらいですが、ポルシェのように曲面が多いと、

        磨き傷も残りやすいです。

         

         

         

        施工後ですが、、、今回もボンネットとルーフはEXE evo1を使用しました。

        IMGP5515.JPG

        塗った後は曇って、、、

         

         

        IMGP5523.JPG

        拭き取るとツヤツヤです。

         

         

        更にもう1層載せます。

         

         

        IMGP5521.JPG乾燥させて硬化すると更に艶が増します。

         

         

         

        ルーフも雨ジミ一つなくキレイです。

         

         

         

         

        IMGP5533.JPG

        リヤフード部分は結構拭き傷が深かったので取りきれないものもありましたが、

        そんなに気にならないと思います。

         

         

         

        IMGP5541.JPGサイドもツルツルです。

         

         

         

        IMGP5547.JPG

        外で最終チェック!

         

         

         

        IMGP5551.JPGボンネットの傷も一旦リセット!

         

         

        IMGP5555.JPG

         

         

         

        IMGP5561.JPGもちろんモヤっとしていた磨き傷も消えてよりツヤ感がアップしました!

         

         

         

        IMGP5519.JPG

        というわけで完成です!

         

        黒いボディにベージュの内装がオシャレです!

         

        いつも当店をご利用いただき、誠にありがとうございました。

         



        ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

        ガラスコーティング、カーフィルム、ラッピングのことなら
        東京都 小平市にあるカービューティープロ 向井におまかせ下さい!

        その他、ルームクリーニング、ホイールコーティング、
        ガラスの撥水加工、エンジンルームクリーニング、ラッピング等
        どうぞご相談下さい!

        TwitterFacebookもやっています!

        カービューティープロ 向井
        http://cbp-mukai.com/
        〒187-0032 東京都 小平市 小川町 2-1280 ヴェルデ小川
        TEL/FAX.042-332-1976

        ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


        ブログを読んでイイネと思った方は↓クリックしていただけるとありがたいです。

        自動車 ブログランキングへ

         

        JUGEMテーマ:車/バイク

        メルセデスC220dにガラスコーティングとホイールコーティング施工

        2019.03.15 Friday

        0

          こんばんは!
          カービューティープロ 向井のムカイです!

           

           

          3月も半ばを過ぎていよいよ春と言ってもよいような暖かい日が続きますが、

          意外と朝晩は寒いので寒暖差で体調を崩しやすいですよね。

           

          あとはやはり花粉の影響もあってなんだか体がだるく感じられる時も、、、

           

          でもようやく暖かくなってきたこともあってなかなか治らなかったふくらはぎの肉離れも治ったようです。

          しかし1ヶ月近くフットサルをやっていなかったので今度は体力が、、、(汗)

           

          また少しずつ戻していくしかないですが無理をするとまた肉離れなんてことになっても困るので

          無理せずマイペースでやっていこうと思います。

           

           

          先日アメリカの俳優、ルーク・ペリーが亡くなったとヤフーニュースで見ました。

           

          ルーク・ペリーと聞いてすぐにわかる方はきっとあのドラマを見た方ですね!?

           

          そう、ビバリーヒルズ高校白書(青春白書)というアメリカのドラマなんですが、

          私も大学の頃になんとなく見ていて、友達もちょうど見ていて、そのうちに毎週見るようになっていました。(笑)

           

          最近(でもないですが)ではなだぎ武がコントでマネをして、それで知った人もいるかもしれません。

           

          そのビバリーヒルズ高校白書(青春白書)の中に出てくるディラン役をしているのがルーク・ペリーで、

          主役ではないのですがちょっとジェームスディーンにも似たルックスで人気でした。

           

          私の友達もその”ディラン”が好きでよくマネをしていたので、

          なだぎ武がマネをしていた時も大爆笑でした。(笑)

           

          でも正直、ビバリーヒルズ高校白書(青春白書)以外でルーク・ペリーを見たことがなかったので、

          私の中ではルーク・ペリー=ディランだったのですが、

          大学を卒業してからは全然見ていなかったのですが、

          まだ52歳とのことで非常に残念です、、、

           

          そんなわけで久しぶりにYouTubeでビバリーヒルズ高校白書を見たのですが、

          なんだかオープニングが違う、、、

          どうやら私が大学の時に見ていたのは高校白書ではなく青春白書の方でした。(笑)

           

          どうせなら高校白書の第一話から見てみようかなと思ったのですが、

          YouTubeにはバラバラでしかないようなので今度時間があればDVDでも借りようかと思います。

           

          でも、、、調べてみたら全部で213話もあるんですね!?

          北の国からよりも長い、、、(汗)

          逆に言うと見たことがあるのはほんの一部ということになるので見てみたい!(笑)

           

           

           

           

          今日の1曲はギターで練習中のこの曲で。(笑)

           

           

           

           

          今日ご紹介するのはメルセデスのC220dです。

          IMGP5345.JPG

          まだ納車されたばかりの新車になります。

           

          ソリッドではなくパールの入ったホワイトなので比較的扱いやすい色です。

           

           

          そして新車でホワイトなのでネタは少なめです!?

           

           

          ボディの状態は全然よかったですが結構気になったのが、、、

           

          IMGP5347.JPG

          ドアの錆止めのグリスが結構溢れていて、、、

           

           

           

          IMGP5348.JPGこんな感じでドア4枚とも黄色いグリスが、、、

           

           

          もちろんこれはどの車にもあることなのですが、結構コッテリと溢れているので

           

           

          IMGP5351.JPGちょうどドアの下にあるメッキモールに垂れて虹色に、、、

           

           

          IMGP5355.JPGそしてドアの外側にも付着してしまっています。

           

           

          もちろん油分なのでコーティングをする際にも邪魔になるので除去します。

           

           

          IMGP5370.JPG

          と言っても穴の内部まで全部除去できるわけではないので(除去したら錆止めの意味がなくなってしまいますし)

          ある程度気になる部分で取れるところだけにはなりますが。

           

           

           

          IMGP5371.JPG

          また暖かくなって溶けると溢れてくる可能性もありますが、

          これは構造上しょうがないですね。

           

           

           

           

          IMGP5390.JPGただちょうどドアの下にメッキモールがあるのはデザインだからしょうがないですが、

          油で虹色になってしまうのでできれば気になったら拭き取ってあげるしかないですね。

           

           

           

          IMGP5354.JPGその他はこんな感じの黒い点はありましたが、特に問題なしです。

           

           

           

          IMGP5352.JPGあとやはりブレーキダストは多いのでホイールもコーティングします。

           

           

           

          IMGP5357.JPG今回はキャンペーンでボンネットとルーフにEXE evo1を施工しました。

           

          拭き取る前はこんな感じに曇ります。

           

           

           

          IMGP5376.JPG拭き取るとこんな感じにツルツルのツヤツヤに。(笑)

           

           

           

          IMGP5378.JPG

          ルーフもEXE evo1になります。

           

           

           

          IMGP5379.JPG

          他の部分は撥水タイプのPCX-S8を使用しています。

           

           

           

          IMGP5386.JPG

          ホイールもコーティングしてピカピカです。

           

           

           

          IMGP5384.JPG

          外で最終チェック!

           

           

           

          IMGP5374.JPGというわけで完成です!

           

           

           

          この度は当店をご利用いただき、誠にありがとうございました。

           

           



          ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

          ガラスコーティング、カーフィルム、ラッピングのことなら
          東京都 小平市にあるカービューティープロ 向井におまかせ下さい!

          その他、ルームクリーニング、ホイールコーティング、
          ガラスの撥水加工、エンジンルームクリーニング、ラッピング等
          どうぞご相談下さい!

          TwitterFacebookもやっています!

          カービューティープロ 向井
          http://cbp-mukai.com/
          〒187-0032 東京都 小平市 小川町 2-1280 ヴェルデ小川
          TEL/FAX.042-332-1976

          ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


          ブログを読んでイイネと思った方は↓クリックしていただけるとありがたいです。

          自動車 ブログランキングへ

           

          JUGEMテーマ:車/バイク

          8度目の3.11

          2019.03.11 Monday

          0

            今日で東日本大震災から丸8年が経過しました。

             

            今日の東京は穏やかなお天気です。

             

            あの日、渋谷から自転車で帰った時に足先の感覚がなくなるほど夜は寒かったことは覚えています。

             

            当時の写真をもう一度探してみました。

             

            しかしその頃はスマホではなく普通の携帯電話で写真は撮れたと思いますが、

            今のようになんでもかんでもとりあえず写真という感じではなかったので意外と写真がないですね。

             

            これは日付の通り震災の1ヶ月ちょっと前です。

             

            調布飛行場の近くの公園で飛行場のおじさんと長男が遊んでいた時です。

             

            これも携帯ではなくデジカメで撮った写真です。

             

            この時はもちろん1ヶ月後にあんなことになるとは思ってもいませんでした。

             

             

            当時はたぶんスマホはなかったと思いますが定かではないです。

             

            そうか8年前はスマホじゃなかったんだっけ、、、と記憶もだんだんと曖昧になっていきますが、

            ちょうど会社用の携帯電話がテレビが見れたので

            リアルタイムで中継される津波の様子を携帯で見た記憶はあります。

             

            ただ家が流されるような映像ではなくこの時はまだ海に近いところで

            コンテナや車が水に浸っているというような映像でした。

             

            ただテレビを見ると電池がすぐなくなってしまいます。

            当時は携帯の充電器も持っている人なんてほぼいなかったので、

            あとは情報もよくわからずとりあえず帰れということになりました。

             

             

            渋谷は多くの帰宅困難者で溢れかえっていましたが、

            その時はまだこの体感したことのない事態にどうすれば良いのかよくわからず、

            電車もそのうちに動くでのはないかと思っていた自分もいました。

             

            大学からの友人で同僚だった友達も千葉の市川から来ていたので、さてどうするべ、、、

            なんて二人でぶらぶらと話しながらさまよっていました。

             

            帰る方向は全く逆なのでじゃあ一緒にとりあえず帰る方向に歩いていくか、、、なんてこともできず、

            結局最終的にいよいよこれはまずいぞ、、、と自転車購入に踏み切ったのは確か18時すぎだったと思います。

             

            大行列になっていて、もちろん自転車もペダルを付けたり整備しないと乗れないので、

            私の番が来て渋谷を出発したのは21時前くらいだったと思います。

             

            歩道は人が溢れ、車道ももちろん車が動かないで連なっています。

             

            吉祥寺を過ぎたあたりで歩いている人もあまりいなくなって、

            その辺のコンビニで何か買おうと思ったらおにぎり等は売り切れで、

            かろうじて揚げ物は残っていたのでそれを買って食べた記憶が、、、

             

             

            一橋学園のあたりまで帰ってきたらなんと西武線が動いているじゃないですか!

            (と言っても多摩湖線ですが、、、)

             

            そう、都心の非日常的な雰囲気と違ってこの辺はもう普段と何も変わらない空気でした。

             

            家に着いたのはギリギリ日付が変わる前だったのは覚えています。

             

            そして家に入ってびっくり!

             

            何も変わっていない、、、

             

            当時私が働いていた渋谷のビルは9階だったので棚のものが落ちて散乱していました。

             

            が、家は何一つ倒れることもなく”え、こっちはあまり揺れなかったのか!?”と思ってしまったくらい。

             

            しかしあの地震の本当の恐ろしさは揺れではなく”津波”だったというのは

            その後次々と飛び込んでくる映像で本当にこんなことが起きるのかと知ることとなります。

             

             

            私は確かに9階にいた時に味わった本当に歩けないくらいの揺れは体感しましたが、

            被害としてはたいしたものではないので実際に被害に遭われた方と比べたらほんのちょっとかもしれませんが、

            それでも震災後はちょっとした地震でもカバンを持って入り口のドアを開けに行きます。

             

            あの震災がなければそんなことは絶対にしないと思いますが、

            あの震災後はもしかするとそんな一瞬の判断で生死が分かれることになるかもしれない、

            それが地震の怖さだと思うようになりました。

             

            お店の入っている建物もそんなに新しくないので、

            もしドアが開かなくなったら逃げ遅れる可能性があるので、

            とりあえずちょっとでも揺れを感じたらカバンを持ってドアを開けて様子をみます。

             

             

            ただ8年も経って記憶も曖昧になってきてやはり普段、震災のことを思い出すことはほとんどなくなっているのも事実です。

             

            本当はいつ起こるかわからないのが震災でそのために準備をしておくことは重要なのは間違いないですが、

            震災が起きた直後と今では残念ながら意識はだいぶ低下しています。

             

            しかし年に一度にはなってしまいますが3月11日はもう一度あの日を振り返って、

            そして未来に活かせるように考えるべき日だとは思っています。

             

            普通のことが普通にできる幸せ、

            それをもう一度思い出させてくれる日でもあります。

             

             

            こうやって普通に暮らせることに感謝です。

             

            そしてまたあんな悲惨な震災が起きないことを願います。

             

             

             



            ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

            ガラスコーティング、カーフィルム、ラッピングのことなら
            東京都 小平市にあるカービューティープロ 向井におまかせ下さい!

            その他、ルームクリーニング、ホイールコーティング、
            ガラスの撥水加工、エンジンルームクリーニング、ラッピング等
            どうぞご相談下さい!

            TwitterFacebookもやっています!

            カービューティープロ 向井
            http://cbp-mukai.com/
            〒187-0032 東京都 小平市 小川町 2-1280 ヴェルデ小川
            TEL/FAX.042-332-1976

            ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


            ブログを読んでイイネと思った方は↓クリックしていただけるとありがたいです。

            自動車 ブログランキングへ

             

            JUGEMテーマ:車/バイク

            アウディA3にガラスコーティング、ラッピング、プロテクションフィルム施工

            2019.03.10 Sunday

            0

              こんばんは!
              カービューティープロ 向井のムカイです!

               

               

              昨日は前回のブログでも書いた通り2号機のボンネットとルーフ以外の部分にEXE evo1をかけました。

              IMGP9545.JPG

              拭き取る前はこんな感じで曇るのでマット調の塗装みたいですね。(笑)

               

               

              そして2回のコーティング拭き取り作業が終わると、、、

              IMGP9550.JPGこんな感じでツルツルのピカピカになって完成です!


              EXE evo1はやはり2倍以上の時間がかかりますがそれに見合った性能がありそうなので、

              作業時間と価格を考えて正式メニューに加えたいと思っています。

              (お試しキャンペーンは規定台数に達したので終了しました。)

               

               

               

               

              あ、ちなみに我慢できずに磨き前に夏タイヤに交換に交換しちゃいました。(笑)

               

               

              東京はもう雪は降らないと思いますが月末に山梨に行くのでどうしようかな、、、と思っていましたが、

              雪がなければもちろん夏タイヤの方が走りやすいので交換しちゃいました。

               

               

               

              さて今日の1曲はこちらもギターを練習しました。

              が、映像を見るとカポタスト使っていてスコアとはキーが違うようですね。(笑)

               

               

               

               

               

               

               

               

              今日ご紹介するのはアウディのA3です。

              IMGP5247.JPG2017年式の中古車を購入したばかりとのことで、ぱっと見キレイですが気になる傷もあって、

              その傷が磨きで消えるかどうかということも含めてボディコーティングを施工したいとのことでした。

               

               

              その傷というは、、、

              IMGP5252.JPG

              前のオーナーさんが付けた傷なので詳細はわからないですが、

               

               

               

               

              IMGP5250.JPG

              運転席側のボンネット、フェンダー、ドア、更にはフロントガラスに何かをぶつけた傷なんですが、

              これは完全に下地まで削れてしまっているので磨きではどうにもならないですね。

               

              オーナー様にも施工前にお伝えしました。

               

               

               

              ただ、これならなんとかなるかも!?

              IMGP5276.JPGドアミラーのカバーですが、ここも傷が付いていましたが、

              このくらいの深さならカーボンでラッピングしてしまえば、、、

               

               

              IMGP5312.JPG

              傷は完全に隠せました。

               

               

              そのためだけにラッピングしたわけではないのですが、

              ガンメタのボディにはブラックカーボンは似合わないわけがない!(笑)ので、

              イメチェン兼傷隠しになりました。

               

               

               

              IMGP5308.JPGあとこちらも転ばぬ先の杖ということでドアノブにプロテクションフィルムを施工しました。

               

               

              そしてボディのコーティングになりますが、

              IMGP5256.JPGおそらく前のオーナーさんは屋根付き駐車場だったのではないでしょうか?

               

              あ、これは鳥フンのようなシミですが、、、

               

               

              IMGP5257.JPG雨ジミもないことはないですが2年落ちでこの程度ならかなり状態は良い方です。

               

               

               

              IMGP5272.JPG洗車傷も軽い方だと思います。

               

               

               

              というわけで磨き後は

              IMGP5299.JPGどうでしょう?

               

               

               

              IMGP5302.JPG新車と比べても遜色ないくらいキレイになりました。

               

               

               

               

               

              IMGP5304.JPG

               

               

               

               

              IMGP5307.JPG

               

               

               

               

              IMGP5342.JPGミラカバーも戻して

               

               

               

              IMGP5321.JPG

              外で最終チェック!

               

               

              ガンメタにブラックカーボンがアクセントになってイイ感じです!

               

              ホイールも黒に近いガンメタできまっていますね!

               

               

              IMGP5297.JPGというわけで完成です。

               

               

              この度は当店をご利用いただき、誠にありがとうございました。

               

               



              ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

              ガラスコーティング、カーフィルム、ラッピングのことなら
              東京都 小平市にあるカービューティープロ 向井におまかせ下さい!

              その他、ルームクリーニング、ホイールコーティング、
              ガラスの撥水加工、エンジンルームクリーニング、ラッピング等
              どうぞご相談下さい!

              TwitterFacebookもやっています!

              カービューティープロ 向井
              http://cbp-mukai.com/
              〒187-0032 東京都 小平市 小川町 2-1280 ヴェルデ小川
              TEL/FAX.042-332-1976

              ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


              ブログを読んでイイネと思った方は↓クリックしていただけるとありがたいです。

              自動車 ブログランキングへ

               

              JUGEMテーマ:車/バイク

              フィアットアバルト595Cにフィルム全面、各種コーティング施工

              2019.03.07 Thursday

              0

                こんばんは!
                カービューティープロ 向井のムカイです!

                 

                 

                今週はお天気もイマイチですが仕事もイマイチ!?

                キャンセルとスケジュール変更でぽっかりと空いてしまったのでホームページの見直しと、

                2号機のEXE evo1未施工部分にEXE evo1を施工しようかなと思っています。

                 

                 

                ちなみにキャンセルの方はディーラーさんが頼んでいなかったコーティングを勝手にかけてしまったとのことで、

                トホホな感じですが、それがあったからというわけではないですが(いやあるかな?)時間が空いてしまったので、

                今までによくある質問や疑問等をホームページ(ブログ)に載せてみようかと始めました。

                 

                その第一弾として”コーティングをかけるなら専門店?ディーラー?”を書いてみました。

                 

                私自身はディーラーさんでコーティングをお願いしたことはないので、

                あくまで聞いた話と実際にディーラーさんでコーティングした車を見た時のことを元に書いています。

                 

                最近は近所のガソリンスタンドもあちこち潰れてきたり、

                車業界は全体的になかなか厳しい状況だと思います。

                 

                ガソリンはなくなったら車は走れないので困りますが、

                コーティングは正直しなくても”車”としては成り立っているので、

                これからの時代、より厳しくなっていくのかな、、、とは感じていますが、

                私のように”やっぱり車が好き!”という方にとっては

                コーティングやフィルムもやはりなくなっては困るものの一つかと思います。

                 

                なんとか車の魅力や楽しさをちょっとでも伝えられればなと思ってやっていますが、

                当店でも若いお客さんは少ないのでなかなか難しいな、、、と思う今日この頃です。

                 

                 

                コーティングはやはりある程度こだわりがある方がやるものかなとは思いますが、

                断熱フィルムやラッピングなら若い子も知っていればやりたいと思うかもな〜なんて。

                 

                これは先日、本部で行われたBMW ミニのラッピング講習の時の写真なんですが、

                今現在も一応ディーラーさんで扱っているのですが、

                ルーフをラッピングで色々な柄にイメチェンするというサービスです。

                 

                これはイギリス国旗とペイズリー柄をミックスしたデザインですが、

                デザインパターンも結構あって、私もカモフラ柄のやつは欲しいななんて思いました。(笑)

                 

                これなんかはスマホのケースを変えるような感覚で車でお遊べるのですごく良いアイデアだと思いました。

                まあ大きさも値段も違うのでスマホのケースのように気軽に変えるのは難しいかもしれませんけど、、、

                 

                 

                断熱フィルムはこれからの季節はまただんだん暑くなってくるので、

                単純に皆さん暑いより涼しい方がいいでしょうし、

                紫外線も浴びるよりカットされていた方が良いでしょうから

                若い子や女性も知っていれば貼りたい方はいるんじゃないかな?とは思います。

                あとはそういった知らない方にどう知ってもらうかが難しいですが、、、

                 

                 

                どちらにしろレンタカーやカーシェアリングの車に施工することはないので、

                あくまで”愛車”がないとダメなのでやっぱり車が売れないと厳しいですけど、、、(涙)

                 

                でも逆に中古でちょっと古い車なら安く買えるかもしれないので、

                そういった中古車を買って磨いてコーティングするなんて手もありますよ!?

                 

                あとは車を欲しいと思える理由がないとですが、、、

                 

                若者に人気の俳優さんとか歌手とかが車も含めてライフスタイルとしてカッコイイな〜

                なんて憧れるようなきっかけがあればいいかもな〜なんて思ったりもしますが、

                あまりそいういうのは見かけないですしね、、(涙)

                 

                 

                そもそも私の方ではあまり関われないので小さいながらも

                ブログ等で車の魅力を伝えるくらいしかできないかもですが、、、

                 

                 

                なんだか時間もあるので長くなりましたが、今日ご紹介する内容も結構長くなるのでこの辺でやめておきます。

                でもちょうど今日ご紹介するお客様はまだ30代前半ですが車が好きでこだわっている方なので、

                この話の続きとして読んでいただければと思います。

                 

                 

                その前に今日の1曲はちょうど GREEN DAYのBasket Caseのギターを練習しようと見つけた動画です。

                タブ譜は持っているのとコードは簡単なんですがミュートのタイミングがなかなか難しくて、、、

                と、思ったら私の買ったギターと全く同じギターを使っているじゃないですか。(笑)

                というわけでギターカバーですがGREEN DAYのBasket Caseで。

                 

                 

                 

                今日ご紹介するのはフィアットのアバルト595C(新車)です。

                IMGP5107.JPG

                アバルト595のオープンバージョンですね!

                 

                オーナー様は以前もフィアット500に乗っていたとのことで、

                私がゴルフにハマったのと同じでフィアット500にハマったということですね!?

                 

                 

                小さいお子様がいるということで奥様に無理を言ってアバルトに買い換えたそうです。(笑)

                 

                ”これは一生乗るつもりです!”とおっしゃられていましたが、

                そんな車に巡り会えるというのは幸せかと思います。

                 

                そしてそんなことを言ってもらえるアバルト君も幸せでしょう!(笑)

                 

                 

                そんなわけで一生乗るためにも!?フィルム、コーティングをフル施工です!

                 

                 

                実はオーナー様は相模原からわざわざ来ていただいたのですが、

                その理由の一つが”フロントの透明断熱フィルム”です。

                 

                以前のフィアット500の時に施工してもらったお店ではフロントガラスは湾曲がきついから貼れなかったそうです。

                 

                フロントガラスはもちろん分割して貼るわけにはいかないので一枚貼りになるわけですが、

                そうなると車種によっては結構湾曲がキツイものがあります。

                 

                フィアット500に関しては私も湾曲がキツイという噂は聞いたことがありますし、

                実際結構キツイのでそのお店で貼れなかったというのもわかります。

                 

                しかし当店では今までに2台貼ったことがあるので貼れない車種ではないのですね。

                 

                そんなわけでまずフロントガラスにフィルムが貼れるお店というのが条件だったので、

                最終的に当店を選んでいただきました。

                 

                 

                まずはそんなフィルムのご紹介です。

                IMGP5111.JPGリヤ3面に関しては当初はフロントと同じく透明のものを貼る予定でしたが、

                595Cはうっすらとリヤサイドはプライバシーガラスになっています。

                 

                 

                IMGP5116.JPG透過率は43%なので結構薄めです。

                 

                 

                IMGP5110.JPG

                それに対してリヤガラスは透明なんです。

                 

                おそらく通常のハッチバックだとリヤもプライバシーガラスだったと思いますが、

                595Cの場合は透明なんですね。

                 

                そんなわけでやっぱりリヤサイドと同じくらいのちょっとスモークにしたいとのことでしたので、

                リヤサイドは透明のピュアカット89を。

                リヤは一番薄いスモークで赤外線もカットするスモークIR35を貼りました。

                 

                 

                IMGP5164.JPGリヤガラスは構造上、一人で測定器を挟むのが困難だったので数値は測れませんでしたが、

                リヤサイドは施工後は42%でした。

                 

                 

                IMGP5126.JPGリヤサイドは見た目は変わっていません。

                 

                 

                リヤは数値はわかりませんがおそらく30〜35%くらいなのでリヤサイドに近い感じので薄いスモークになりました。

                 

                 

                そしてフロント3面は透明なので数値だけの変化になりますが、

                 

                IMGP5115.JPG

                フロントは施工前は81%。

                 

                 

                IMGP5114.JPG運転席・助手席は75%。

                 

                 

                フロント3面は3Mのピュアカット89を貼って

                施工後は

                IMGP5162.JPGフロントは2%ダウンの79%。

                 

                 

                 

                IMGP5160.JPG運転席・助手席も2%ダウンの73%でした。

                 

                 

                ブログだと数秒で終わってしまいますがフィアット500のフロントガラスは久しぶりに貼りましたが

                やはり湾曲がキツく、、、フロントだけで3時間近くかかりました。

                 

                ただ失敗はしないで一発で貼れたのでホッとしましたね。

                 

                 

                次はボディになりますが、前回のブログにも書いた通り、新車だからピカピカの新品!というわけではないんですよ。

                 

                こちらのお車も数日前に納車されたばかりですが、

                IMGP5119.JPG樹脂パーツはこんな感じでドロドロでした、、、

                 

                 

                 

                IMGP5118.JPG

                車の場合ずっと箱に入れてしまっていましたというわけにもいかないので、

                メーカー、ディーラーさんの保管状況によってはこんな感じはよくあることです。

                 

                 

                しかしオーナーさん的にはちょっと気になってしまったようで、

                ホイールコーティングをキャンセルして樹脂パーツのコーティングを施工することになりました。

                 

                新車の場合は保護という意味合いが大きいですが、

                IMGP5171.JPG

                新車でも施工前と施工後でこれくらいの色の差が出ます。

                (もちろん右が施工後です。)

                 

                 

                IMGP5188.JPGこちらも右が施工後です。

                 

                新車でもこれくらい色味が濃くなりますね。

                 

                 

                IMGP5168.JPGアバルトは結構樹脂のハニカムがあちこちに使われているのでコツコツと塗っていきます。

                (フロントグリルにABARTHの文字が入っているんですね、塗っていて初めて気づきました。)

                 

                 

                IMGP5210.JPGリヤディフューザーもこんな感じで複雑です。

                 

                 

                IMGP5182.JPGでもここまでやると新車が新車以上になります!(笑)

                 

                 

                 

                続いて塗装面ですが、まずはオーナー様と話していてアレ?となったのが

                IMGP5133.JPGドアミラーです。

                 

                 

                ちょっとわかりづらいですが全体的にモヤモヤと黒っぽいムラがあります。

                 

                油分かな?と思いましたが洗車してもシリコンオフで拭いても取れません。

                 

                 

                IMGP5229.JPG

                通常の塗装ではなくアルミ調の塗装なのですがとりあえず磨きで消えました。

                 

                 

                 

                その他はパールホワイトなので大きなトラブルはない、、、と思ったのですが、

                IMGP5139.JPGこれはフロントエンブレムの上、つまりボンネットの先なんですが、

                結構深めの傷が付いていました。

                 

                 

                おそらく整備のためにボンネットを開ける際についた傷だと思われます。

                 

                もちろんオーナー様はまだ自分でボンネットを開けていないですし、

                洗車もしていないので納車前から付いていた傷ですね。

                 

                 

                IMGP5140.JPGその他にこれは運転席のドアノブの横です。

                ここにも深めの傷が、、、

                 

                 

                最初は何か付着しているだけかと思いましたが、

                IMGP5142.JPG結構深く削れていました、、、

                 

                 

                どちらもかなり深かったので完全にゼロというわけにはいかなかったのですが、

                IMGP5146.JPGパッと見てもわからないレベルにはなったと思います。

                 

                 

                 

                IMGP5155.JPG

                どちらも納車前からあった傷だ思いますが、

                全く触らずに納車するのも不可能なのである程度はしょうがないというかよくある話とも言えます。

                 

                 

                その他によくあるのが

                IMGP5134.JPG保護フィルムの糊の跡ですね。

                 

                ちょっと黒っぽい汚れみたいなものですが、

                汚れがつけば黒く見えますが、透明で見えない場合もあります。

                 

                 

                IMGP5137.JPGこれはボンネットのセンター部分ですが、これは磨く前は見えなかったのですが、

                磨いているとコンパウンドが付いて浮かび上がってきます。

                (凹み部分にあるシミみたいなものです。)

                 

                 

                こういったものも(特に輸入車)よくあることです。

                 

                なので 新車=無傷の新品 ではないわけです。

                 

                 

                 

                今回もEXE evo1キャンペーンでボンネットとルーフ、、、は布なのでリヤハッチにEXE evo1を施工しました。

                 

                IMGP5195.JPGEXE evo1は塗布して時間が経つとこんな感じに曇ります。

                 

                 

                 

                IMGP5197.JPG

                曇ったら拭き取りという感じで非常にわかりやすいです。

                 

                 

                が、ベースコートを仕上げたら少し乾燥させてトップコートを乗せるので手間は2倍以上かかります。

                 

                 

                IMGP5152.JPGその分、更なるツヤとツルツルの手触りを得られます。

                 

                 

                IMGP5220.JPG最後にガラスの撥水加工も施工して

                 

                 

                IMGP5202.JPG

                外で最終チェック!

                 

                 

                ちょうどこの日の夜に雪が降る予報だったのでお天気はイマイチですが全体の白黒のコントラストがアップして、

                新車以上の仕上がりになったかと思います。

                 

                 

                これから暖かい季節になってオープンして出かけたらお子様も喜ぶでしょう!(笑)

                これからお子様の成長とともに愛車と色々な思い出ができると思います。

                ぜひ永く乗っていただければと思います。

                 

                 

                この度は遠くからご来店いただき、誠にありがとうございました。

                 

                 

                 

                 

                新型コーティング剤 EXE evo1お試しキャンペーン! 1台キャンセルになったので残り2台です!

                 

                ご希望の方はお早めにお問い合わせください。

                 

                 

                 

                 

                 

                 



                ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

                ガラスコーティング、カーフィルム、ラッピングのことなら
                東京都 小平市にあるカービューティープロ 向井におまかせ下さい!

                その他、ルームクリーニング、ホイールコーティング、
                ガラスの撥水加工、エンジンルームクリーニング、ラッピング等
                どうぞご相談下さい!

                TwitterFacebookもやっています!

                カービューティープロ 向井
                http://cbp-mukai.com/
                〒187-0032 東京都 小平市 小川町 2-1280 ヴェルデ小川
                TEL/FAX.042-332-1976

                ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


                ブログを読んでイイネと思った方は↓クリックしていただけるとありがたいです。

                自動車 ブログランキングへ

                 

                JUGEMテーマ:車/バイク

                コーティングをかけるなら専門店?ディーラー?

                2019.03.04 Monday

                0

                  今回は車のボディーコーティングをする時に専門店とディーラーさんにお願いする場合の違いや、

                  メリット・デメリット等を書いてみたいと思います。

                   

                   

                  一般的な例として書きたいとは思っていますが、

                  あくまで私の知識と経験を元に書くので、

                  もしかするとちょっと施工者目線にはなってしまうかもしれませんが容赦ください。

                   

                   

                  あとここのお店は良い悪いとかディーラーさんは良い悪いとか、そういう内容ではないので、

                  あくまでそれはオーナーさんがそれぞれ決めることだとは思いますので、

                  その際の参考になればと思っています。

                   

                   

                   

                   

                  IMGP4952.JPG

                   

                   

                   

                  まず新車の場合です。

                   

                  やはり最近ではディーラーさんでコーティングをかけて納車というのは非常に多くなっていると思います。

                  昔はそもそもコーティングをかけること自体広まっていない頃は、

                  ディーラーさんでもそういったサービスはありませんでしたが、

                  ディーラーさんで扱うようになってからコーティングのことを知らなかった人にも広まったというのはあると思います。

                   

                  ただ最近は”○年保証!”とか”水洗いだけでオッケー!”とか、

                  あとは知らない間に見積もりに組み込まれていたりと、

                  ちょっと強引にコーティングを施工させようとしている感じはします。

                   

                  昔は車好きの一部の人がよりこだわるためにやっていたコーティングが、

                  ディーラーさんが扱うようになって今までコーティングに興味のなかった方や

                  知らなかった方に広まったのは良いのですが、

                  その分、”コーティングをしておけばあまり洗車をしなくてもよい”とか、

                  ”コーティングをしておけば傷がつかない”とか、

                  ”水で流すだけで汚れが全部落ちる”という風に

                  ちょっと間違ったイメージが広まってしまった感じもします。

                   

                   

                  実際にはコーティングの性能をちゃんと維持するためにはこまめな洗車が必要ですし、

                  コーティングをしていても洗車傷や雨ジミもつくことはありますし、

                  水で流すだけでは落ちない汚れもあるので傷つくリスクを減らす意味でもやはりシャンプーを使った方が良いと思います。

                   

                   

                  ただあくまでディーラーさんは車を売ることが専門であってコーティングが専門ではないので、

                  そういったマニュアルに沿って勧めてくるのかと思います。

                   

                   

                  専門店の場合はそれぞれの塗装、色、使用環境、状態など

                  もっと踏み込んだ部分も考えながらコーティングを選ぶという選択肢があるのが一般的かと思います。

                  その分、”なんだか難しそう”とか”よくわからないから面倒くさそう”というようなイメージもあるかもしれません。

                   

                  当店ではなるべく専門用語を使わずにわかりやすく説明するようにしていますし、

                  誇張した表現や押し付けるようなことはしません。

                   

                   

                  確かにディーラーさんの場合は納車時にすでにコーティングまで終わった状態で納車になるので、

                  その後別でコーティングを施工するための手間は省けます。

                  専門店の場合、ご自身でお店に出向く手間と時間はかかってしまいます。

                   

                  ただ、年数が経った時はどうでしょう?

                  最初は納車時に施工されていたのでよかったですが次は車検時?3年後?5年後?

                  その点は次の”中古車・経年車”の方で書きます。

                   

                  値段やどういったコーティングでどういった手間で、、、というのはそれぞれ違うので、

                  ここで細かくは書きませんがある程度は価格と手間は比例するような部分はあるかと思います。

                   

                  ただ、新車だから昨日工場から出来上がったばかりです!ということはないので、

                  (特に輸入車は)車が製造されて保管されている時間というのもバラバラですし、

                  保管されていた環境等でも状態が全て同じということはないわけです。

                   

                  在庫期間の長かった車両等はそれなりに傷んでいる場合もあります。

                   

                  IMGP5022.JPG

                  新車でも部分的にこんな傷だらけになっている場合も、、、

                   

                   

                  それをなるべく”新車”に近づけるのとそのキレイな状態をなるべく永く維持するために、

                  行うのが新車のコーティングの意味だと思います。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  次に中古車や経年車の場合です。

                   

                  ディーラーさんの場合は認定中古車を買う場合や新車で買った車が数年経った時ですが、

                  車の洗車傷や雨ジミは大なり小なり年数が経てばついてくると思います。

                   

                   

                  IMGP4359.JPG

                   

                  そういった場合、ディーラーさんではどのように対応してくれるでしょうか?

                  新車の場合と違って経年車の場合、キレイにするには更なる手間と時間がかかります。

                   

                  一言でコーティングと言ってもきちんと下地処理(磨きなど)を行なってコーティングをかけるのもコーティングですし、

                  スプレーで吹きかけて拭き取るだけのものもコーティングといえばコーティングです。

                   

                  ただいずれにしろコーティングをかけるだけでは洗車傷が消えたり雨ジミがなくなるわけではありません。

                  洗車傷や雨ジミを消したいなら磨くか再塗装するしかないと思います。

                   

                  さすがに洗車傷や雨ジミがついたから再塗装!という方はあまりいないと思うので、

                  一般的には磨いて改善するということになると思います。

                   

                  そしてその”磨き”次第で仕上がりは大きく変わってきますし、

                  一番手間がかかるのがこの”磨き”の部分になるかと思います。

                   

                  そして手間がかかるということは時間もかかるということです。

                  時間がかかるということはその分お金もかかるというのが普通ですね。

                   

                   

                  IMGP4380.JPG

                   

                  磨きを行う際に大事なのは傷がちゃんと見える環境です。

                  傷が見えなければどこを磨いて良いかわからないですし、

                  細かい傷が見えるライトがなければ磨き傷も見えません。

                   

                  そしてもちろん砂埃等が吹き込むような環境では逆に傷付けてしまう可能性があるので、

                  屋根と壁で仕切られている場所が必要です。

                  更にコンパウンドや水で地面も汚れるのでそういったことが出来る環境でないと出来ません。

                   

                  ディーラーさんでそういう環境を用意してもらって例えば二日間その場所を使うとなると、、、

                  おそらくそんな場所を用意できるディーラーさんはほとんどないと思います。

                   

                  そうなるとやはりディーラーさんは外注にお願いするというのが一般的かと思います。

                   

                  もしディーラーさんで経年車のコーティングをお願いする場合、

                  その施工者に会うことはありますか?

                   

                  私もディーラーさんのお仕事をしたことがありますが、

                  おそらく施工者がお客様に会うことはありません。

                   

                  そうなるとお客様がどこを気にしていて、どんな環境でどんな扱いをしているか等を知る術はないのと、

                  実際にお客様がどんな反応だったのか、満足されたのかを知ることもないです。

                   

                   

                  あとディーラーさんの場合、一人が全ての車の作業をするということはまずないですから、

                  毎回同じ人が作業するという確率はかなり低いと思います。

                   

                  そして誰が施工したというのもお客様が知ることもないので、

                  次回に指名ということもないと思います。

                   

                  なので毎回の仕上がりのバラツキは同じ人が行うより大きいと思います。

                   

                  私の場合は一人で作業しているので短い時間に多くの台数を作業するのは無理ですが、

                  仕上がりのバラツキは少ないと思います。(人間なので全く同じとは言いませんが)

                   

                   

                  そういった状況を踏まえるとおそらくディーラーさんが

                  経年車のコーティングを積極的に勧めてくることは少ないと思います。

                   

                  最初にも書いた通り、ディーラーさんは車を売るのが本業なので、

                  コーティングをかけるのは本業ではありません。

                   

                  もし再施工が必要かどうかの判断を聞きたい場合

                  ディーラーさんで判断してくれるでしょうか?

                   

                  傷や状態を見るライト等の道具も必要ですし、

                  そもそも○年保証!と謳っていたコーティングがかかっていた場合、

                  まだ○年経っていなかったら?

                   

                  むしろコーティングの再施工なんて触れたくない部分ではないでしょうか?

                   

                  施工者を呼んで判断してもらう?

                  そこまでしてくれるディーラーさんはまずないでしょうね。

                  そんなシチュエーションを見たことがないですし、

                  施工者がそのタイミングでその場にいる確率はかなり低いです。

                   

                  そういった理由もあって経年車の場合は専門店にお願いする人が多いかもしれないですね。

                   

                  でもそれだったら最初(新車の時)も専門店にお願いしておけばよかった、、、

                  なんてことはないですか?


                   

                  IMGP4368.JPG

                   

                  例えば5年保証のコーティングを新車時に施工して、

                  ボディカラーが黒で屋根なし駐車場で、、、という場合、

                  おそらく5年経つ前にボディが痛むことはよくあります。

                   

                   

                  逆に5年経つ前に、あと1、2年早く再施工していればもっとキレイにできたのに、、、

                  ということは多々あります。

                   

                  もちろんその分お金と手間はかかるかと思いますが、

                  ダメになってしまった塗装を再塗装したり車を買い換えるよりは

                  お金と手間はかからないと思います。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  あくまで私が見てきたことと思ったことなので全部が全部ということではないですし、

                  全ての人にそう思いませんか?ということでもないです。

                   

                  ただ上記を踏まえて当店では一台一台、どうやったらキレイになるか、

                  お客様が満足してくれるかを心がけながら作業しています。

                   

                  コーティングをかける際のお店選びの参考になればと思います。

                   

                   

                   



                  ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

                  ガラスコーティング、カーフィルム、ラッピングのことなら
                  東京都 小平市にあるカービューティープロ 向井におまかせ下さい!

                  その他、ルームクリーニング、ホイールコーティング、
                  ガラスの撥水加工、エンジンルームクリーニング、ラッピング等
                  どうぞご相談下さい!

                  TwitterFacebookもやっています!

                  カービューティープロ 向井
                  http://cbp-mukai.com/
                  〒187-0032 東京都 小平市 小川町 2-1280 ヴェルデ小川
                  TEL/FAX.042-332-1976

                  ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


                  ブログを読んでイイネと思った方は↓クリックしていただけるとありがたいです。

                  自動車 ブログランキングへ

                   

                  JUGEMテーマ:車/バイク

                  ホンダ シビックType-Rにガラスコーティング施工(EXE evo1お試し施工)

                  2019.03.02 Saturday

                  0

                    こんばんは!
                    カービューティープロ 向井のムカイです!

                     

                     

                    昨日はお休みをいただいて長男の1/2成人式なる行事に参加してきました。

                     

                    ニブンノイチということでつまりは10歳になったことを祝う式ということで、

                    私の時代はそんなイベントはありませんでしたが、

                    今はどこの小学校も行なっているのでしょうか?

                     

                    10歳、つまり4年生だけのイベントなので参加するのも4年生とその親御さん、

                    あとは一部の先生という感じですね。

                     

                    祝うというよりどちらかというと親に

                    ”ここまで育ててくれてありがとう”

                    という感謝を伝えるというのが一番の目的ですかね。

                     

                    なので4年生がそれぞれ”こんなことができるようになりました”ということを発表して見せるのですが、

                    ある程度〇〇グループという感じで発表します。(一人の子もいましたが、、、)

                     

                    長男は”釣りグループ”ということで事前におじいちゃんと工作で70センチくらいの大きなカジキを製作していました。

                    カジキなんて釣ったことないのに、、、(笑)

                     

                    しかも他に”サッカーグループ”というのもあるので、

                    サッカークラブに所属している子はみんなこの”サッカーグループ”を選ぶわけですが、

                    長男はサッカーより釣りの方が好きなんでしょうね、、、釣りグループをチョイスしたようです。(汗)

                     

                     

                    習い事をしている子はダンスやらバレエ、カンフーに空手など何やら発表会らしいことを披露していましたが、

                    釣りってどうするの?というと、、、

                    その自分で作ったお魚を池で釣りました!的な学芸会のような感じで、

                    まあ正直なんとも言えないような感じでしたが(笑)

                    1年生の時は同じ保育園からのお友達もいなくて寂しそうだった長男が

                    今は友達と楽しそうにわいわいやっているのを見れて嬉しい限りです。

                     

                    そして親からは賞状という形で事前に書いた賞状を後で渡されて、

                    子供からは”おとうさん・おかあさんに伝えたいこと”という形で後で手紙を渡されました。

                     

                    内容は何を書いても良いとのことで

                    ”おこずかいアップしてください!”

                    みたいなことを書いている子もいたそうですが、(笑)

                    我が家はきちんとした文章でした。(笑)

                     

                    嫁さんと”もし長男がグレたらこの手紙を見せよう”としまっておくことにしました。(笑)

                     

                     

                    今日の1曲は3月になったのでそろそろこんな季節になりますかね。

                     

                     

                     

                    今日ご紹介するのはホンダのシビックType-Rです。

                    IMGP5000.JPG

                    もちろん新車になりますがシビックは国産車だけどイギリスで生産しているので逆輸入車のような感じですが、

                    他のホンダ車と比べるとちょっと輸入車に近い感じのトラブルが多い感じです。

                     

                    まあホンダ車の場合は国内生産の車種も塗装のトラブルは多いですけど、、、(汗)

                     

                    まずは状態を見てみましょう。

                     

                    IMGP5003.JPG入庫されてパッと見た感じでやはりボンネットは何かありそう、、、(汗)

                     

                     

                    IMGP5005.JPGちょうど乾燥していてホコリも多く載っていたので何やら色々と浮かび上がっています、、、

                     

                     

                     

                    IMGP5006.JPGこれなんかは完全に手の形をしているので触ったのがわかってしまいます。

                     

                     

                    IMGP5009.JPGそしてそれと連動して擦り傷が、、、(汗)

                     

                     

                    後でオーナーさんにも聞きましたがボンネットは触っていないとのことでしたので、

                    ディーラーさんの方で触った跡ですかね、、、

                    もちろん触らないと納車できませんからね、、、

                     

                     

                    IMGP5030.JPGでもキレイにして確認してみると完全に擦った傷になっているので何かあったのですかね、、、

                     

                     

                     

                    IMGP5010.JPGそしてType-Rと言えばこの20インチの黒いホイールですが、

                    結構ダストも出るようで茶色になっています、、、

                     

                    洗いづらい形状ではないですが奥まで見えちゃうので裏面も洗った方がいいかもですね。

                     

                     

                    そしてやっぱりと言いますか何じゃこりゃ!?と言いますか、、、

                     

                    IMGP5012.JPGリヤスポイラーがソリッドブラックなのですが完全におかしい感じ、、、

                     

                     

                    IMGP5022.JPGソリッドブラックなのである程度は傷んでいることは想定していますが、

                    これは完全に磨き傷です、、、

                     

                     

                    IMGP5027.JPG今までに何台かType-Rは入庫していますが、今までで一番ひどいですね、、、

                     

                     

                    IMGP5028.JPG上下に二段あるのですがどちらも磨き傷だらけ。

                     

                    しかもかなり荒い磨きなので黒がだいぶ白っぽく見えるほど。

                    もしかするとイギリスでやったのですかね、、、

                    さすがに日本ではここまでざっくりした磨きで終わらせるとは思えないのですが、、、(汗)

                     

                    しかも異物を巻き込んで磨いているので所々かなり深い傷が、、、(汗)

                     

                     

                    ちょっとこれではむしろ中古車以下という状態なのでなんとかしないと、、、

                     

                     

                    IMGP5033.JPG

                    正直ソリッドブラックなのでいずれは傷だらけになるかと思いますが、

                    さすがに新車でこれでは、、、ということで右半分とりあえず磨いてみました。

                     

                     

                    磨くと深い傷が残るので深い傷が見えやすくなるのですが深い傷も円弧状にかなり入っていまして、、、

                     

                    IMGP5059.JPGちょっと完全には取れなかった部分もありますが、

                     

                     

                    IMGP5056.JPGそれでも最初と比べたらかなりよくなったと思います。

                     

                     

                     

                    IMGP5061.JPGこれなら新車レベルと言っていいでしょう。

                     

                     

                    IMGP5036.JPG他にもボンネットは結構保護フィルムの糊の跡と擦り傷がチョコチョコとありましたが、

                     

                     

                     

                    IMGP5046.JPG磨いてだいぶキレイになりました。

                     

                     

                    IMGP5049.JPG

                     

                     

                    IMGP5044.JPGこれでようやく新車らしくなりました。

                     

                     

                     

                    IMGP5050.JPG今回もお試しでボンネットとルーフにはEXE evo1を使用しています。

                     

                     

                    塗装の弱いホンダ車でも良い結果が出てくれるといいのですが。

                     

                     

                    IMGP5071.JPG

                    外で最終チェック!

                     

                     

                    IMGP5076.JPG今回はホイールはコーティングしていませんがやはり足元がキレイだと全体がキレイに見えます!

                     

                     

                     

                    IMGP5043.JPG

                    というわけで完成です。

                     

                     

                     

                    この度は当店をご利用いただき、誠にありがとうございました。

                     

                     

                     

                     

                    新型コーティング剤 EXE evo1お試しキャンペーン! 残り1台となりました。

                     

                    ご希望の方はお早めにお問い合わせください。

                     

                     

                     

                     

                     

                     



                    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

                    ガラスコーティング、カーフィルム、ラッピングのことなら
                    東京都 小平市にあるカービューティープロ 向井におまかせ下さい!

                    その他、ルームクリーニング、ホイールコーティング、
                    ガラスの撥水加工、エンジンルームクリーニング、ラッピング等
                    どうぞご相談下さい!

                    TwitterFacebookもやっています!

                    カービューティープロ 向井
                    http://cbp-mukai.com/
                    〒187-0032 東京都 小平市 小川町 2-1280 ヴェルデ小川
                    TEL/FAX.042-332-1976

                    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


                    ブログを読んでイイネと思った方は↓クリックしていただけるとありがたいです。

                    自動車 ブログランキングへ

                     

                    JUGEMテーマ:車/バイク

                    アウディA3にEXE evo1お試し施工

                    2019.02.28 Thursday

                    0

                      こんばんは!
                      カービューティープロ 向井のムカイです!

                       

                       

                      今日で2月も終わりということで季節の変わり目になってきたので雨の予報が増えましたね。

                       

                      花粉が積もってからの雨、、、ということで車の塗装に花粉に侵されやすい状況になるので、

                      ぜひこまめな洗車を心がけてください。

                       

                      気温もさすがに最近は手の感覚がなくなるような日はなくなりましたしね!?

                       

                       

                      一昨日3週間ぶりにフットサルをやったのですが体力が落ちていたのと、

                      ボールタッチの感覚、ゲーム勘がだいぶ鈍っていて驚きました。(汗)

                       

                      素人でもこんな感じなのでプロの試合に出ていなくて試合勘が鈍るというのはやはりかなり大きいでしょうね。

                       

                      上達するには毎日コツコツと積み上げるしかないですが忘れるのはあっという間ですからね、、、(汗)

                       

                       

                      はい、というわけで時間があればギターをコツコツと練習しています。(笑)

                      フットサルもそうですが今はYoutubeで色々とやり方をレクチャーしている動画があるので非常に便利ですね。

                       

                       

                      今日の1曲はEPIPHONEの動画見ていて知った子ですが、かなり衝撃的でした、、、

                      まだ20代ですか、、、PVよりライブ映像の方がすごさが伝わるかと思います。

                       

                       

                       

                      今日ご紹介するのはアウディのA3です。

                      IMGP4964.JPG

                      1年ちょっと前に新車でボディーコーティング等を施工させていただいたお車ですが、

                      ブログにEXE evo1のキャンペーンを載せたところやってみたいとご連絡をいただきました。

                       

                       

                      というわけでボディメンテナンスのついでにボンネットとルーフにEXE evo1を施工することになりました。

                       

                      当店では通常メンテナンスコースの他に部分的に磨き直してコーティングを

                      掛け直すダメージコースというものを用意しているので、

                      今回はダメージコースでの施工にしていただいてボンネットとルーフにEXE evo1を施工しました。

                       

                       

                      まず施工前ですが、基本的には状態は悪くなかったです。

                      IMGP4962.JPG

                      でもパールホワイトなので目立ちづらいですが

                       

                       

                      IMGP4963.JPGうっすらと洗車傷や雨ジミがないことはないという感じです。

                       

                       

                      IMGP4966.JPGあとはやはり普段洗いづらい部分には汚れが溜まっています。

                       

                       

                      IMGP4967.JPGその他にはちょっとぶつけたのでしょうか?

                      赤い塗料のようなものが付着しています。

                       

                       

                       

                      IMGP4973.JPGこちらは黒い何かを擦った跡が。

                       

                       

                      IMGP4975.JPGリヤバンパーにはなんでしょう?黒い謎の跡が、、、

                       

                       

                       

                      IMGP4970.JPGその他にはこんな黒い点が

                       

                       

                       

                      IMGP4971.JPG

                      あちこちに点在していました。

                       

                       

                       

                      IMGP4972.JPG

                       

                       

                       

                       

                      施工後は

                      IMGP4980.JPG

                      やはり磨き直すと新車時の輝きが戻りますね。

                       

                       

                      IMGP4983.JPGパールホワイトでもやはり小傷と雨ジミが消えるとツヤ感がだいぶ上がります。

                       

                       

                       

                      IMGP4985.JPG新車のようにと言うかおそらく強い磨きをかけた分、新車時よりさらにツヤ感は上がっているかと思います。

                       

                       

                       

                      IMGP4988.JPG赤い付着物も

                       

                       

                       

                      IMGP4989.JPG黒い付着物も落としました。

                       

                       

                      IMGP4987.JPG

                      コーティングも一緒に落ちてしまう可能性はありますが、黒い傷の方が目立ちますからね、、、

                       

                      あとはメンテナンス剤で補う形にしています。

                       

                       

                      IMGP4999.JPGホイールもだいぶキレイになりました。

                       

                       

                      IMGP4976.JPGあとは新車時には施工していなかったのですが、やっぱりやりたいということでガラスの撥水加工も施工しました。

                       

                       

                      IMGP4992.JPG

                      外で最終チェック!

                       

                      ボンネットとルーフ以外は磨き直しているわけではありませんが、

                      それでも新車時に少し近づいたかと思います。

                       

                      いや、普通の方が見たら十分新車に見えると思います。

                       

                       

                      IMGP4978.JPGというわけで完成です。

                       

                       

                       

                      いつも当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。

                       

                       

                       

                       

                      新型コーティング剤 EXE evo1お試しキャンペーン! 残り2台となりました。

                       

                      ご希望の方はお早めにお問い合わせください。

                       

                       

                       

                       

                       

                       



                      ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

                      ガラスコーティング、カーフィルム、ラッピングのことなら
                      東京都 小平市にあるカービューティープロ 向井におまかせ下さい!

                      その他、ルームクリーニング、ホイールコーティング、
                      ガラスの撥水加工、エンジンルームクリーニング、ラッピング等
                      どうぞご相談下さい!

                      TwitterFacebookもやっています!

                      カービューティープロ 向井
                      http://cbp-mukai.com/
                      〒187-0032 東京都 小平市 小川町 2-1280 ヴェルデ小川
                      TEL/FAX.042-332-1976

                      ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


                      ブログを読んでイイネと思った方は↓クリックしていただけるとありがたいです。

                      自動車 ブログランキングへ

                       

                      JUGEMテーマ:車/バイク