ホンダ ストリームのリヤにパンサー5施工

2014.03.10 Monday

0
    こんばんは

    カービューティープロ 向井のムカイです!


    今日はお天気はよかったですが風も強くて意外と寒いですね…

    私は花粉症ではないのですが、(たぶん!?)

    もう花粉もだいぶ飛んでいるようですね。


    毎年、今年は○倍の量の花粉が!という話が出ますが、

    今年は少ない感じなのでしょうか?

    それともこれからでしょうか?

    単純にまだ車に積もっている量が少ない感じがしたので…


    今日は2号機を洗車しました。


    1号機は週に2〜4回洗車していると書きましたが、

    2号機はというと…

    月に1〜2回という感じでしょうか…(汗)


    なので、2号機の方が皆さんと近い条件かと思いますが、

    2台とも同じ条件の駐車場ということになりますが、

    やはり2号機の方が痛みが早いです…


    実は昨年のこの時期は忙しかったので2号機は放置ぎみになって、

    2ヶ月近く洗車していなかったら、完全に花粉の餌食になってしまっていて、

    夏が過ぎるまでルーフやボンネットがシミだらけになっていました…(汗)


    花粉のシミの場合は磨きでは取れないというか、

    逆に磨くとヒドいことになりますので注意して下さい!


    今年は2号機ももっと洗ってあげようと思っています…


    ただ、まだ雪が降る可能性がゼロではないので2号機はまだスタッドレスにしておきます。




    さて、今日ご紹介するのはこちらのおクルマ。

    ホンダのストリームです。


    カーボンボンネットがインパクト大!ですが、

    前回ラッピングさせていただいたおクルマです。


    その後、オーナー様がご自分でウォッシャーノズルは黒に塗装されたそうで、

    キチンと黒くなっていましたね!


    前回の時にお問い合わせいただいていたのですが、

    リヤのガラスを中が見えないくらい濃くしたいとのことで、

    今まではカーテンや黒い板を使用して完全に遮蔽されていました。


    今までが中からも完全に見えなかったので、

    一番濃いフィルムで!とのことですので、話は早いです。(笑)

    当店で一番濃いフィルムはパンサー5になります。


    リヤは元々プライバシーガラスになっています。


    一応透過率を測定してみます。

    サイドは28%


    リヤは29%


    ということで一般的なプライバシーガラスの濃さという感じですね。


    ここにパンサー5を貼ると…

    右側は施工後です。


    もう完全に見えませんね。(笑)

    特にサイドは向こう側も濃くなるのでよーく見ないと中に人がいるかどうかも見えないくらいです。


    まあ、今回はプライバシーガラスに施工しているのでリヤもほとんど中は見えませんが…


    透過率の方は…



    両方2%となっていますが、実はこの測定器は2%以下は測れませんので、

    間違いなく2%もないでしょう…


    元々中からも見えない状態だったので、中からの視界も問題ないですとのことです。(笑)


    あ、給油口も前回ラッピングしているので、全体が黒×赤で統一されましたね!


    施工後もご丁寧にメールで非常に満足いただいたとのご報告まで頂きました。


    イメージ通り仕上がったようで私も嬉しいですね!


    いつもご利用いただき、誠にありがとうございました。








    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

    ガラスコーティング、カーフィルム、ラッピングのことなら
    東京都 小平市にあるカービューティープロ 向井におまかせ下さい!

    その他、ルームクリーニング、ホイールコーティング、
    ガラスの撥水加工、エンジンルームクリーニング、ラッピング等
    どうぞご相談下さい!

    TwitterFacebookもやっています!

    カービューティープロ 向井
    〒187-0032 東京都 小平市 小川町 2-1280 ヴェルデ小川
    TEL/FAX.042-332-1976

    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


    ブログを読んでイイネと思った方は↓クリックしていただけるとありがたいです。

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL