マツダ アクセラにクリスタリン90とクリスタリン40施工

2013.08.05 Monday

0
    こんばんは
    カービューティープロ 向井のムカイです!

    フィルムの作業が続きますが、ブログの方もだんだんフィルムネタが増えてきます...

    今日ご紹介するのはコチラのおクルマです。
    マツダのアクセラです。

    このヘッドライトのウィンカーがなんだかUSっぽい雰囲気ですね。
    先日もアクセラが入庫したのですが、
    こんなにオレンジの面積が大きくなかったのですが、
    グレードとかの違いでしょうか?

    今回はフィルムの施工での入庫でしたが、追加でホイールコーティングもご依頼いただきました。
    ただ、すみません、施工後の写真を取り忘れてしまいました...
    これだけだとなんだかわかりませんね...(汗)

    さて、フィルムの方ですが、今回はフロント以外の施工となりますが、
    リヤは元々プライバシーガラスです。
    通常ですとプライバシーガラスだと、それ以上濃くしたくない方が多いので、
    クリスタリン70をおすすめするのですが、
    今回はもう少し色を濃くしたいとのことで、
    クリスタリン40の方を施工することになりました。

    透過率の方は...
    運転席・助手席 72%

    リヤサイド 42%

    リヤ 58%

    最近のマツダのクルマは欧州車のように透過率が低いです。
    運転席、助手席はクリスタリン90しか貼れません。

    リヤは純正のプライバシーガラスの場合、リヤは透過率が少し高い場合が多いです。
    ただ、逆に言うとリヤはけっこう薄いです。

    プライバシーガラスにスモークを重ねるとどれくらい濃くなるのかわかりづらいですが、
    当店ではガラスにフィルムを重ねてみて、透過率を測定して判断します。

    透過率20%前後であれば、通常のスモークと同じくらいです。
    透過率が1桁の場合はかなり濃いので夜間、ライトのない場所では見づらいかと思います。

    今回はクリスタリン40を重ねたわけですが、クリスタリンシリーズ自体、
    そんなに濃くないので、一番濃いクリスタリン40でちょうどいいくらいでした。

    施工後の透過率は
    運転席・助手席 71%

    リヤサイド 20%

    リヤ 28%

    ということで、20%前後なので、ちょうど一般的なスモークの濃さになったわけです。

    濃過ぎず、薄過ぎず、計算通りです。

    元々リヤの方が少し薄いので、クリスタリン40を重ねても、夜見づらいレベルではないでしょう。

    というわけで、今回はプライバシーガラスにクリスタリン40を重ねたわけですが、
    プライバシーを確保しつつ、赤外線もカットして車内は快適になったかと思います。

    プライバシーガラスの濃さはメーカーや車種によって違いますので、
    単純にどれでもクリスタリン40がいいというわけではありません。

    ただ、今回は濃過ぎず、薄過ぎず、普通のスモークくらいの濃さということで、
    数値で確認していたので狙い通りになったかと思います。

    もし純正のプライバシーガラスを濃くしたいけれど
    濃すぎるのはちょっと...という方はご来店いただければ、
    透過率からだいたいの予想は出来ますので、ご相談いただければと思います。
    (つい最近もそういうご相談が2件ありました。)

    この度は当店をご利用いただき、誠にありがとうございました。





    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

    ガラスコーティング、カーフィルム、ラッピングのことなら
    東京都 小平市にあるカービューティープロ 向井におまかせ下さい!

    その他、ルームクリーニング、ホイールコーティング、
    ガラスの撥水加工、エンジンルームクリーニング、ラッピング等
    どうぞご相談下さい!

    TwitterFacebookもやっています!

    カービューティープロ 向井
    〒187-0032 東京都 小平市 小川町 2-1280 ヴェルデ小川
    TEL/FAX.042-332-1976

    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


    ブログを読んでイイネと思った方は↓クリックしていただけるとありがたいです。

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL