プジョー3008にフィルム全面施工

2018.11.23 Friday

0

    こんばんは!
    カービューティープロ 向井のムカイです!

     

     

    夏にツインリンクもてぎに行ってきましたが、

    それからなんだか走り系にいじってみたくなり...

    1号機はすでに走りっぽい感じだし自分的には完成系なので、

    2号機をちょっと走りっぽい感じにできないかな...と考えていました。

     

    そこで、これだ!と思って買ったのが...

     

    IMG_8703.JPG

    O.Z.RacingのウルトラレッジェーラHLTというホイールです。

     

     

    O.Z.Racingはその名の通りレースでも活躍しているホイールを作っているイタリアのメーカーです。

     

    イタリアのメーカーなので凝ったデザインも多く、

    私的にはなんじゃこりゃ!?というかやりすぎに感じるデザインもあるのですが、

    このウルトラレッジェーラは比較的シンプル、でも意外と凝っているデザインで、

    正直ゴルフ5が出た頃は定番ホイールという感じで履いている人が結構いました。

     

    事実、1号機を中古で買った時もウルトラレッジェーラの18インチが履かされていました。

     

    私的には定番すぎておもしろくないし人とかぶるのですぐに売ってしまいましたが、

    今更と言いますか...最近はゴルフで履いている人もあまり見かけないけど、

    海外ではまだ人気があって改めて見るとカッコイイなと。

     

     

    2号機を走りっぽくしたいとはいえ、ワゴンなのでコテコテにレーシーな感じではなく、

    ”ちょっとおしゃれなスニーカー履いて、走ろうと思えば走れますよ!?”

    というイメージ!?(よくわからないですか?)

     

    1号機は私の中ではそれに近いイメージなので同じBBSでもよかったのですが、

    ちょうど見つけたのがO.Z.RacingのウルトラレッジェーラHLTだったんですよね。

     

    完全に走り系ではないので19インチでそこそこ軽くて、

    ちょっとレースを匂わせるホイール!?(笑)

     

    しかし、問題というか実はウルトラレッジェーラ”HLT”となっていますが、

    ”HLT”がないウルトラレッジェーラもあります。

     

    製法が違うのですが、デザインもぱっと見同じですが

    ”HLT”の方がよりスポークが細くて軽量化されています。

     

    ウルトラレッジェーラは18インチまでしかなくて、

    19インチだとウルトラレッジェーラHLTのみとなります。

     

    ところがゴルフに履けるサイズのウルトラレッジェーラHLTはマットブラックのみ。

     

    IMG_8711.JPG

    実際に履かせるとこんな感じなんですが、

    正直、私的には泥臭さが強くてこれだと”おしゃれ感”が足りないのです...(汗)

    (めっちゃ走り系とも言えますが...)

     

    普通のウルトラレッジェーラにはあるちょっと濃いめのシルバーというか

    薄めのガンメタのような色だったらよかったのですが...

     

    はい、というわけでリメイク前提で購入しました。

     

    そして待つこと1ヶ月半...

     

     

    ついに仕上がってきました!

     

     

    IMGP3910.JPG

    今回はフルブラッシュドで仕上げてもらいました!

     

    このホイールは鍛造ではなく鋳造なんですが、

    形状的にもブラッシュドにしずらい形状なので最初は断られたのですが、

    私がどーしても...とお願いしてやっていただきました。

     

     

    IMGP3935.JPG

    その甲斐もあって泥臭さはほとんどなくなり、

     

     

    IMGP3939.JPG

    イメージしていた”レーシー”かつ”おしゃれ”な感じに仕上がったかと思います!

     

     

    IMGP3942.JPG

    遠目に見ると普通のシルバーに見えますが、

    近くで見るとブラッシュドの高級感もあって、

    定番ホイールですが他とかぶることもないので、

    1号機に負けないくらいイイ感じに仕上がったかと思います。

     

    ちょっと走れそうなワゴンという感じになったのではないでしょうか?(笑)

     

    まあ実際にGTiと同じエンジンでロムチューンしてあるので、

    1号機と同じ、もしかしたら速いくらいなので

    そこそこ速いワゴンなんですよ〜。(笑)

     

     

     

    さて、今日の1曲はまたThe BONEZで。

    こちらアンコールの1曲目でしたが、私も好きな1曲です。

     

     

     

    今日ご紹介するのはプジョーの3008です。

    IMGP3099.JPG

    308はハッチバックですが0が一つ増えるとSUVなんですね。(笑)

     

     

    今回はサンルーフを含む全面にフィルムを貼りました。

     

     

    IMGP3100.JPG

    リヤはプライバシーガラスになっていてそれなりに濃いので濃さはあまり濃くしたくないとのことで、

    クリスタリン70をチョイス。

     

     

    IMGP3112.JPG

    施工前の透過率を計り忘れてしまいましたが、

    施工後は18%なので適度な濃さですね。

     

     

     

    IMGP3103.JPG

    フロントは施工前が78%

     

     

     

    IMGP3102.JPG

    運転席・助手席は72%

     

     

     

    IMGP3105.JPG

    サンルーフは13%でした。

     

     

    IMGP3111.JPG

    フロントは3Mのピュアカット89を貼って1%ダウンの77%

     

     

     

    IMGP3110.JPG

    運転席・助手席はリンテックのIR-90HDを貼って1%ダウンの71%

     

     

     

    IMGP3113.JPG

    サンルーフはリヤと同じ3Mのクリスタリン70を貼って12%でした。

     

     

    IMGP3108.JPG

    3Mのロゴは納車の時には消してしまいますけど。

     

     

     

    IMGP3114.JPG

    こんな感じにルーフの2/3を占めているので効果は大きいです。

     

     

    IMGP3117.JPG

    というわけで完成です!

     

     

    この度は当店をご利用いただき、誠にありがとうございました。

     




    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

    ガラスコーティング、カーフィルム、ラッピングのことなら
    東京都 小平市にあるカービューティープロ 向井におまかせ下さい!

    その他、ルームクリーニング、ホイールコーティング、
    ガラスの撥水加工、エンジンルームクリーニング、ラッピング等
    どうぞご相談下さい!

    TwitterFacebookもやっています!

    カービューティープロ 向井
    http://cbp-mukai.com/
    〒187-0032 東京都 小平市 小川町 2-1280 ヴェルデ小川
    TEL/FAX.042-332-1976

    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


    ブログを読んでイイネと思った方は↓クリックしていただけるとありがたいです。

    自動車 ブログランキングへ

     

    JUGEMテーマ:車/バイク

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL