BMW ミニ クロスオーバーにフィルム全面施工

2017.09.14 Thursday

0

    こんばんは!
    カービューティープロ 向井のムカイです!

     

     

    昨日は定休日でしたが久しぶりに夏!という感じの暑さでしたね。

    これぞ残暑という感じでしたが週末は台風がせまっているので

    台風が過ぎるとまた一歩秋が近く感じでしょうか...

     

     

     

    今日の1曲はまたまた懐かしい曲ですが甲子園を思い出すこの曲で。

     

     

    今日ご紹介するのはBMWのミニ クロスオーバーです。

    IMGP4504.JPG

    実は先日同じくミニクロスオーバーにフィルムを全面施工したのですが、

    オーナー様はそれを見てフィルム全面施工のご依頼です。

     

    と言ってもブログではなく実車を見てということで、

    同じ会社の同僚さんということでした。(笑)

     

     

    というわけで基本的には同じフィルムの種類でとのことでしたが、

    IMGP4490.JPG

    前回のミニ クロスオーバーはジョンクーパーモデルでモデルチェンジ前の車両に対し、

    今回のミニ クロスオーバーはモデルチェンジ後の車両で、

    なんと運転席・助手席の透過率が低くなっていました。

     

    今までBMWのミニは初代のものは透過率が低かったのですが、

    途中からBMWと同じく透過率が高かったのですが、

    まさかの73%ということでピュアカット89ではなくリンテックのIR-90HDを貼りました。

     

     

    IMGP4516.JPG

    施工後は1%ダウンの72%です。

     

     

    IMGP4491.JPG

    フロントガラスはモデルチェンジ前とあまり変わらず81%。

     

     

     

    IMGP4492.JPG

    リヤガラスの方も77%とモデルチェンジ前とあまり変わらずですね。

     

     

     

    IMGP4495.JPG

    リヤガラスは車検時にも関係ないですが、

     

     

    IMGP4496.JPG

    前回と同じクリスタリン40を貼ることになりました。

     

     

     

    IMGP4498.JPG

    施工後はほんのりスモークで

     

     

     

    IMGP4499.JPG

    室内は結構見えますがその分ちょっと上品なイメージです。

     

     

    IMGP4510.JPG

    もしBMWに純正プライバシーガラスがあったらこんなイメージじゃないでしょうか?

     

     

     

    IMGP4511.JPG

    そして私的にお!っと思ったのはこのルーフアンテナ。

     

    ロックがかかっていると点滅します。

     

     

    逆に目立つ気がしますが新しい流行りとなるのでしょうか?(笑)

     

     

    というわけで完成です。

     

     

     

     

    この度は当店をご利用いただき、誠にありがとうございました。

     

     

     

     

     






    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

    ガラスコーティング、カーフィルム、ラッピングのことなら
    東京都 小平市にあるカービューティープロ 向井におまかせ下さい!

    その他、ルームクリーニング、ホイールコーティング、
    ガラスの撥水加工、エンジンルームクリーニング、ラッピング等
    どうぞご相談下さい!

    TwitterFacebookもやっています!

    カービューティープロ 向井
    http://cbp-mukai.com/
    〒187-0032 東京都 小平市 小川町 2-1280 ヴェルデ小川
    TEL/FAX.042-332-1976

    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


    ブログを読んでイイネと思った方は↓クリックしていただけるとありがたいです。

    自動車 ブログランキングへ

     

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL